銅事業の歴史

百年の伝統と歴史が、現在の伸銅所の源となっています。

鼓銅図録 今から約400年もの昔、蘇我理右衛門によって確立された銅銀吹分の技術を記した『鼓銅図録』
商標登録願と井桁マークが押された箱 1885年(明治18年)に許可された商標登録願と井桁マークが押された箱
書類綴り 1897年(明治30年)に住友家が伸銅事業の開始決定をした際の書類綴り
住友伸銅所安治川工場全景 住友伸銅所安治川工場全景(大正年間)
1897年(明治30年)4月 大阪市安治川上通に「住友伸銅場」開設、伸銅事業を開始。
1913年(大正2年)6月 「住友伸銅所」と改名。
1935年(昭和10年)9月 「株式会社住友製鋼所」と合併して「住友金属工業株式会社」となる。
1941年(昭和16年) 名古屋軽合金製造所(名古屋市港区)設置。
1959年(昭和34年)8月 アルミ圧延・伸銅部門を分離して「住友軽金属工業株式会社」を設立。
1969年(昭和44年)3月 現在地に伸銅部門を分離して「住軽伸銅工業株式会社」を設立。
1985年(昭和60年)4月 「住友軽金属工業株式会社」と合併、同社「伸銅所」となる。
1990年(平成2年) エアコン用銅管の製造拠点として、マレーシアに「スミケイマレーシア」設立。
1997年(平成9年) 中国広州に「住軽(広州)金属製品有限公司」を設立。
2011年(平成23年) 伸銅営業部門を含め株式会社住軽伸銅へ分社化。
2012年(平成24年)4月 日立電線株式会社 国内銅管事業撤退に伴い、設備・技術の一部を購入・譲渡・移管。
2013年(平成25年)10月 住友軽金属と古河スカイの統合によるUACJ 設立に伴い、商号を「UACJ 銅管」に変更。
銅事業の歴史地域とのコミュニケーションマネジメントシステム品質管理/技術サービス